借金の過払い請求

借金生活を長年続けていると、返済するときに本来支払わなければいけない利息分よりも多く支払っている可能性があります。なぜこのような過払い金が発生するのかというと、利息に関する法律が2つ存在しているからです。1つ目は利息制限法という法律で、2つ目は出資法という法律になります。この2つの法律は、お互い利息に関する決まりが異なっているのです。利息制限法では上限金利というのが存在しています。

元金が10万円未満の場合には、年20パーセントまでとなっており、元金が10万円以上で100万円未満の場合には、年18パーセントまで、元金が100万円以上の場合には、年15パーセントまでになっています。それに対して出資法の上限金利というのは、元金に関係なく20パーセントまでになっているのです。しかし平成22年までは、出資法の上限金利が29.2パーセントであったため、かなりのグレーゾーンが存在していたことになります。

現在でもグレーゾーンは存在しているので、この分を返済してもらうのが過払い金請求なのです。特に多額の借金をしている人の場合には、過払い金がある可能性が高いので、まずは弁護士に相談をして調査をしてもらいましょう。もちろん過払い金が発生しているかどうかの診断も無料で行ってくれる法律事務所を選ばないといけません。債務整理に関しての実績を調べておくことも重要です。(参考⇒借金の過払い金請求相談〔アディーレ〕

当サイトでは借金の返済をする場合に有利になる過払い金請求に関する内容を詳しく記載しているので、よろしければ参考にしてみてください。