任意での交渉

過払い金請求の場合には、任意で請求する方法と、訴訟をして請求する方法があります。今回は任意で請求する場合について解説させていただきます。まずは弁護士に相談しないといけません。弁護士を通さないと、請求をしても相手にしてもらえないでしょう。相談をして過払い金請求の依頼をすると、借金をした業者に介入通知が発行されますが、この時点で取り立てが来なくなります。

弁護士は出資法ではなく利息制限法に基づいて計算を行うようになるので、出資法との差額が戻ってくることになるのです。受任をしてから1ヵ月から3ヵ月程度必要になると思ってよいでしょう。それから返還請求が行われるのですが、この時点で返済請求に業者が応じれば、これで過払い金請求が完了となるのです。返還請求が行われた場合、合意書の取り交わしを忘れてはいけません。

このような点も通常は弁護士が行ってくれるのですが、やはり覚えておいた方がよいでしょう。数日中に過払い金が返済されるのですが、業者によっては応じないこともあるのです。任意請求に応じない場合にも、きちんと弁護士が対応してくれるので問題はありません。しかし、大半の業者は任意請求に応じてくれるので、この時点で解決できる場合が多いでしょう。